お役立ちコラム

審査が甘いマイカーローンは大丈夫?審査に通るコツ・審査に落ちる理由まとめ!

更新日 : 2020.10.10

 コロナ渦の中、マイカー、自分の車が欲しいという人が急増しています。

電車通勤を避けて、マイカー通勤を推奨する企業も少なくないですしね。

 

マイカーを購入するだなんて考えたこともなかった、という人がいざ購入となっても大きな壁に直面します。

 

それは、「厳しいローン審査を通過しなくてはならない」という大きな壁!!

 

「マイカーが欲しいのに、ローンの審査で落ちてしまう!」

「審査が甘いマイカーローン会社って大丈夫なの?怪しくない?」

 

など…、悩みや不安を抱えている方が、この記事に辿りついてくださったかと思います。

 

今回は、「マイカーローンの審査を甘い会社がある理由」と「マイカーローン審査に通りやすいコツと落ちてしまう理由」をまとめました。

 

マイカーローン審査に落ちてしまう理由・してはいけない事

マイカーローン審査が通りやすいコツをしても、それ以前に落ちてしまうことをしていては、通るものも通らなくなってしまいます。

 

よくあるのが、“審査に通りやすいコツ”だけ読んで実践するパターンです。

 

これは失敗してしまう確率が上がりますので、読み飛ばしてしまわないよう、先に“マイカーローン審査に落ちてしまうかもしれない理由”からご紹介していきますね。

 

最後までお付き合いいただけますと幸いです。

 

箇条書きでまとめました。

 

複数のローンを組んでいて、残債が多く残っているマイカーローンの審査に何度か落ちているクレジットカードなどの滞留履歴年収が低すぎる勤続年数が少ないなど申告内容に嘘をつく

 

マイカーローン審査に落ちる理由は様々ですが、大まかな理由としては上記にあげた理由がほとんどです。

 

この中でも特にしてはいけないことは、「嘘の申告」をすることです。

 

マイカーローンを組めたということは、「あなたはきちんとローンを返済していけますね」と判断・信用された証なのです。

 

マイカーローンに通りたいからといって、嘘の申告をしてしまい、整合性が取れないとバレた時点で信用に傷がついてしまいますね。

 

虚偽の申告がきっかけで、他のローンの審査も通らなくなってしまう可能性がありますので、絶対にしないでください。

 

マイカーローン審査に通りやすいコツ・準備しておきたい事

 

マイカーローンの審査に落ちてしまうかもしれない理由がわかったところで、ローン審査に通りやすくなるコツや、準備しておきたい事をご紹介します。

 

まず箇条書きにまとめますと…

 

・現在組んでいるローンの残債を出来るだけ減らす
・使っていないカードローンやキャッシングの解約
・マイカーローン以外のローンも含め【増やさない、組まない】
・複数(3社くらい)のマイカーローンに申込、審査する
・自分に合った車を選ぶ
・申告情報をまとめる
・返済計画を立てる
・正しい申告をする

 

すでにローンの残債があるのは仕方のないことです。
ですが、極力減らしておいたり、未使用のカードローンを解約しておくことはできます!

もちろん、ローンを新たに増やさない事も大事ですね。

 

予め調べておきたい申告情報がいくつかあります。

 

・勤続年数をチェックする
・他社ローンなどの延滞
・前年度年収をチェックする    

 

虚偽の申告が一番やってはいけない事ということは、正しい申告をするというのがとても重要になってきます。

申告情報というのは、すぐにわからなかったりするので、“申告漏れ”の内容にしっかりと事前に調べておきましょう。

 

この中でも重要なのが「自分に合った車を選ぶ」という事です。

 

…私はライター被れのフリーターなのですが、そんな私が「1000万のポルシェが欲しい!」などと言って、ローンの審査を通したところで受かるとは思えません。

なぜなら、「生活しながら1000万のローンを返していけるわけがないでしょう?」と判断されてしまうからなんです。

 

どうしても車が欲しいなら、自分の収入に見合った車を選択することが何よりの近道です。

 

欲しい車が収入に見合っていないのであれば、頑張って貯金して一括購入するか、欲しい車を買うというモチベーションを持って収入アップさせるのがイイと思います。

 

仮に、身の丈に合わない車のローンが通ってしまったら、生活が苦しくなってしまいます。

やがて支払っていくことが困難になり、経歴に傷がついてしまう恐れもあるので、自分に合った車を選ぶというのは何より大事だといえます。

 

でも、カッコイイ車っていいですよ(^^;)
買えるように私も頑張ろうっと…

 


この記事をシェアする