社長あいさつ

代表取締役 吉武誠一代表取締役 吉武誠一
アパートの一室からスタート

株式会社くるまのミツクニは、 2011年、 埼玉県ふじみ野市にあるアパートの一室からスタートしました。

創業メンバーは2人、在庫はわずか2台でのスタートでした。

オープン間もなく東日本大震災が発生し、このような状況下でお客様が来ていただけるか不安でしたが、私の不安をよそに多くのお客様が来店してくださいました。

創業への想い

「クルマさえあれば豊かな生活ができる」「クルマさえあれば仕事が続けられる」の声に応える

国内において、クルマを購入したくても融資の審査に落ち、購入できない方は約200万人にも上ります。

その中には、物流・建築業などクルマを必要とする自営業の方々や、郊外で通勤にクルマを必要とする方々、主婦やパートタイマーの方々など、支払う意思や支払う能力も十分にある方々が含まれます。

このような状況は、人々の就業に支障を来し、地域の発展や生活水準の向上に歯止めをかけています。

くるまのミツクニは、お客様がクルマを入手することで働く環境を実現し、お客様のより豊かな生活の確保をお手伝いします。そして、クルマという生活必需品が購入できず、負のスパイラルから抜け出せない人を全社員で心から応援します。ここに、くるまのミツクニの原点があります。